西穂高

2015.10.4
秋晴れの上高地から、西穂山荘(標高2,385m)に向けて登山。
よく整備された中尾根の登山道を抜け、森林限界にある山荘へ。
その夜はラッキーにも、満天の星空に「宇宙船はやぶさ」が、山荘の真上を通過するのを目視する事が出来ました。
翌日、西穂高岳(標高2,909m)に向け、山荘を早朝に出発。
山荘より大小12のピークを登り、主だった峰を独標⇒ピラミッドピーク⇒チャンピオンピークですが、独標付近から、山歩きが岩歩きに変化。
ハイマツの道筋越しに稜線が伸び、西穂高岳に続く峰が雄大です。
難所を越えた後の開放感はたまりません。
ジャンダルム方面から縦走してきた若者の姿に圧倒され、単独行の高齢者の方に感動したり、険しい稜線の従来者も様々です。コースタイム3時間程オーバーし、慎重に下山しました。

201510081637513866 201510081710172425 20151008170428793 201510081637512913 201510081704287139 201510081702285273 201510081653566705 201510081709367408 201510081702287377 20151008165201514

北岳

2015.7
広河原より北岳山荘に向けて登山。
歩いて1時間程しましたら、土砂降りの雨になり、コースを変更し、白根御池小屋に1泊
翌日は、昨日までの雨が嘘かのように快晴で、険しい山道を登りきり、気づくと後ろには綺麗な富士山がありました。富士山を見ながらの昼ご飯は今までにない格別な想い出になりました。
最終日は、北岳山頂でご来光しようと思い、早朝に北岳(3,193m 日本第2位)に向けて出発、寒い中登りきり、富士山をバックにラーバン旗で写真を撮りました。
私達以外に他1人しか山頂にはおらず、素晴らしい絶景でした!!
今回も大変貴重な体験をしましたが、当初の予定では、間ノ岳に行く事になっておりましたが、次回課題として、体力を経験を更に積み挑みたいと思います。

201510082024372908 201510081711292259 201510082024373412 201510081711295388 201510081736084689 201510082032558147 201510082024376551 201510082032551888 201510081711298808 201510082024379204

槍ヶ岳

2014年9月
槍ヶ岳 標高3,190m

201510082050183845 201510082050188918 201510082050186415 20151008205018630 201510082055584968 201510082055581594 201510082046033639 201510082050186974 201510082050184856 201510082050184319

尾瀬

2014年7月
尾瀬

201510082058294990 201510082058299205 201510082058293319 201510082058294819201510082058296322015100820582994520151008205829533620151008205829502820151008205829947620151008205829568

雲取山

2014年4月
雲取山 標高2,017m

201510082103433552 201510082103437944 201510082103436176 201510082103432611201510082103432006201510082103434311

北穂高岳~涸沢岳~奥穂高岳 縦走

2013年10月
北穂高岳 標高3,106m 涸沢岳 標高3,110m 奥穂高岳 標高3,190m

201510082114145435 201510082114141565 201510082108265913 201510082114143911201510091443593903201510091439343640201510091443599735201510082114147643201510082114146154201510082114145267

八ヶ岳 赤岳

2013年7月
八ヶ岳 赤岳 標高2,899m

201510091040575360 201510082122354621 20151008212235246 20151009144527986320151009104057240220151009104057388320151009104057271620151009104057414201510091040574876201510091040579181

涸沢ヒュッテ~屏風のコル

2012年10月
涸沢ヒュッテ~屏風のコル

201510091454041408 201510091454045065 201510091454045296 20151009145404852620151009145404285520151009145404672120151009145404155920151009145404970201510091454047987201510091454042337

常念岳~蝶ヶ岳

2012年6月
常念岳 標高2,857m 蝶ヶ岳 標高2,677m

201510091514434154201510091502279557201510091502273868 201510091502278670201510091502277574201510091502278362201510091502271808201510091502271454201510091502276604201510091502276668

H28年5月

今月も、まずは基本の発声練習からスタート。
以前に比べ、しっかり声が出せるようになってきたのを感じます。
そしていよいよ音とりの時間へと突入。
楽譜をにらみ、思わずため息をつきながら…
「やっぱり今回の選曲は、かなりハードルが高い!」
ただいま試行錯誤中ではありますが、それだけに、頑張りがいがあるのです。

201605230423404751 201605230423408077 201605230423401918

1 2