作業療法士

令和元年の歌い収め!(R1.12.14当院忘年会にて)

こんにちは♪

 

慌ただしく過ぎていく日々を何とかとらえようと、足早に駆けてきた今年1年もいよいよ暮れようとしています。

今年を振り返ってみると、当院が無事に20周年を迎え、また、新たに健診センターを立ち上げるなど、さまざまな面で節目の年となりました。

それだけ感慨深い思いがこみ上げてきます。

 

そんな一年の締めくくりの忘年会で、私たち合唱部も歌を歌いました!

曲目は、1115日の開院20周年記念合唱会(前回の日記参照)で歌った曲の中から、『YELL』と『はじまり』の2曲を歌いました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YELL』は、いきものがかり というJ-popグループの曲で、現在学校の卒業式の定番曲となっているようです。

 

『はじまり』はそのタイトルの通り、これから何かが始まるということを歌う曲ですが、「光が駆け抜け、風が追い越し~」というように天地創造を想起させるような、何ともダイナミックな曲です。

 

まさに平成から令和へ時代が変わり、「終わり」と「はじまり」を迎えた年の忘年会には、おあつらえ向きといえるでしょうか。

 

 

 

 

そして、内輪事ではございますが、アンコールもいただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールは、1115日の合唱会で一番反響の大きかった『旅立ちの日に』を歌いました。

この曲も学校の卒業ソングの定番となって久しい曲です。

 

「これから新たな場所に向かって、若い力を信じてこれから羽ばたこう!」という力強いメッセージが込められた歌です。

合唱部メンバーの中には、この曲を卒業式に歌った者も何人かいて、またそれも感慨深いものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年以降の当院の益々の繁栄を願いつつ、様々な想いの詰まった歌い収めが出来ました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もまたどうぞよろしくお願い致します♪

 

開院20周年記念合唱会を行いました♪

皆様、こんにちは♪

 

当院は、お陰様で令和元年1115日をもちまして、満20周年を迎えることができました! 皆様には心よりお礼申し上げます。

その当日に、当院のデイケアフロアにて、20周年記念合唱会を開催いたしました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年は、年号が平成から令和に変わり、まさに一つの時代が過ぎ去り、新たな時代を迎えることとなりました。

当院でも、本年6月に新たに健診センターを設立するなど、様々な面において節目の年となりました。

そこで今回の合唱は、これまで歩んできた20年の歳月を振り返りつつ、今までの時代を

「卒業」し、新たな時代へ「出発」する、をテーマとした曲を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲目は

『仰げば尊し』

『故郷を離るる歌』

『旅立ちの日に』

YELL

『はじまり』

『栄光の架橋』

を歌いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1115日は、当法人の開設日であると同時に、院長河内の誕生日でもあります。

ということで、アンコールの代わりに、当院と院長のお誕生日のお祝いの歌を会場の皆で歌いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからますます変化し続けるだろう時代の中で、変わらなければならないこと、変わってはならないことを見極めながら、当院は常に前に向かって進んで行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。